ここから本文です

防げる病気はワクチンで防ごう

赤ちゃんがいろいろな感染症にかかるのは、成長のために必要なプロセスです。でも、最初にかかったときの症状が激しくて、小さな赤ちゃんの体に負担の大きい病気や、重い後遺症を残すような感染症にはかかってほしくないですね。
そこで、赤ちゃんの成長過程に合わせてワクチンを接種することが勧められています。
ワクチンは、病原性を弱めたウイルスや細菌などを接種し、病気を起こすことなく自然に病原微生物に感染したときと同じ状態をつくります。するとそのウイルスや細菌に対する免疫ができ、次に本物の病原性をもったウイルスや細菌に感染したときにこれらの侵入や増殖を防ぐことができるのです。
ワクチンは、本物の病気にかかりやすい時期までに接種する必要があります。生まれてすぐから2歳の誕生日を迎える前の間に、多くの病気を防ぐワクチンの接種が勧められています。タイミングを逃さず接種して、赤ちゃんを守ってあげましょう。

生後2か月からのワクチン接種スケジュールを作ってみよう!