ここから本文です

ワクチンがある感染症

ボタンをクリックすると、感染症の症状や注意ポイント、接種ワクチンについてご覧いただけます。

B型肝炎

B型肝炎について

B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することで起こる肝臓の病気。急性肝炎と慢性肝炎があり、いったんかかると生涯にわたって健康リスクを抱え続けなければならない病気といえます。

症状についてもっと知る

B型肝炎ワクチン

免疫獲得に必要な成分のみを使ってつくられた不活化ワクチンで、計3回接種。生後2か月に1回目、その後27日以上の間隔をあけて2回目、1回目から139日以上の間隔をあけて3回目を接種することが推奨されています。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルス胃腸炎について

ロタウイルスが原因の胃腸炎。突然の激しいおう吐と米のとぎ汁のような水様性の下痢を繰り返すのが特徴的で、発熱を伴うこともあります。乳幼児がかかりやすく、重症化しやすいため、注意が必要。

症状についてもっと知る

ロタウイルスワクチン

ロタウイルスの病原性を弱めてつくられた経口生ワクチン。甘いシロップ状に仕上げてあり、それを赤ちゃんに飲ませて接種。2回接種のワクチンと3回接種のワクチンがあります。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

ヒブ感染症

ヒブ感染症について

初期の症状は、発熱や頭痛、おう吐など、いわゆる風邪の症状と似ています。
早期発見や治療が難しいため、ワクチンによる予防がもっとも大切です。

症状についてもっと知る

ヒブワクチン

ヒブワクチンは、生後2か月から接種することができます。ヒブ髄膜炎は0歳児にもみられることから、生後2か月になったらできるだけ早く接種して免疫をつけましょう。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎について

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい感染症 。かぜとよく似た症状で始まるため診断が難しいだけでなく、あっという間に進行するため、早めに接種しておくと安心です。

症状についてもっと知る

ヒブワクチン

ヒブワクチンは、生後2か月から接種することができます。ヒブ髄膜炎は0歳児にもみられることから、生後2か月になったらできるだけ早く接種して免疫をつけましょう。

ワクチンや副反応について知る

小児用肺炎球菌ワクチン

ママからもらった免疫(抵抗力)が低下する生後2か月ごろから、7か月になるまでにワクチンの接種を開始することをおすすめします。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

肺炎球菌感染症

肺炎球菌感染症について

肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気で、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

症状についてもっと知る

小児用肺炎球菌ワクチン

ママからもらった免疫(抵抗力)が低下する生後2か月ごろから、7か月になるまでにワクチンの接種を開始することをおすすめします。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

ジフテリア

ジフテリアについて

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい感染症 。ジフテリア菌がのどに感染して、高熱、のどの痛み、犬がほえるようなせき、おう吐などの症状が起こります。

症状についてもっと知る

四種混合(DPT-IPV)ワクチンとは

免疫をつくるのに必要な成分を混合してつくられた不活化ワクチン。生後3か月から12か月までの間に3週間以上の間隔で3回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

百日せき

百日せきについて

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい、百日せき菌が原因の感染症 。普通のかぜのような症状で始まり、せきがひどくなります。連続的にせき込んだあと急に息を吸い込むため、笛を吹くような音がでるのが特徴。

症状についてもっと知る

四種混合(DPT-IPV)ワクチンとは

免疫をつくるのに必要な成分を混合してつくられた不活化ワクチン。生後3か月から12か月までの間に3週間以上の間隔で3回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

破傷風

破傷風について

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい感染症 。土壌中に存在する破傷風菌が傷口から入って感染します。手足のしびれやけいれん、口が開かないなどの症状で始まり、処置が遅れると命にかかわります。

症状についてもっと知る

四種混合(DPT-IPV)ワクチンとは

免疫をつくるのに必要な成分を混合してつくられた不活化ワクチン。生後3か月から12か月までの間に3週間以上の間隔で3回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

ポリオ

ポリオ(急性灰白髄炎)について

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい、ポリオウイルスによる感染症 。感染した多くの人は、発熱に続き、頭痛やおう吐などのかぜに似た症状がでます。100人に1人以下の頻度で、血液などを介して脊髄や脳へウイルスが侵入し、麻痺を起こします。

症状についてもっと知る

四種混合(DPT-IPV)ワクチンとは

免疫をつくるのに必要な成分を混合してつくられた不活化ワクチン。生後3か月から12か月までの間に3週間以上の間隔で3回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

結核

結核について

結核菌という細菌に感染することで起こる病気で、発症初期には咳、痰、発熱などかぜに似た症状が起こります。特に1歳未満の乳児が発症すると重症化しやすく、重い肺結核(粟粒結核)や結核性の髄膜炎、脳障害などが起こることがあるため注意が必要です。

症状についてもっと知る

BCGワクチン

結核を予防するBCGワクチンは、菌の病原性を弱めて作られたスタンプ式の生ワクチンです。生後1歳になるまでに1回接種します。地域により接種時期や接種方法(集団接種もしくは個別接種)が異なります。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

はしか(麻しん)

はしか(麻しん)について

麻しんウイルスという感染力が極めて強いウイルスが原因の感染症。高熱、せき、くしゃみなどの症状が3~4日続いた後、口の中の粘膜に白い発しんが出始め、やがて全身に赤い発しんが広がるのが特徴。

症状についてもっと知る

はしか(麻しん)風しん混合ワクチン

麻しんウイルスと風しんウイルスの病原性を弱めたものを混合してつくられた生ワクチンで、計2回接種。生後12~24か月未満の間に1回目、5~7歳未満で2回目を接種。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

風しん

風しんについて

風しんウイルスという感染力が非常に強いウイルスが原因の感染症。発熱とほぼ同時に発しんが出ますが、熱が出る数日前に首のリンパ節が腫れて痛みます。

症状についてもっと知る

はしか(麻しん)風しん混合ワクチン

麻しんウイルスと風しんウイルスの病原性を弱めたものを混合してつくられた生ワクチンで、計2回接種。生後12~24か月未満の間に1回目、5~7歳未満で2回目を接種。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

おたふくかぜ

おたふくかぜについて

ムンプスウイルスによって起こる感染症。耳の下の腫れと痛みで、発熱や頭痛、だるさなどを伴うこともあります。通常、腫れや発熱は1週間ぐらいで治まります。

症状についてもっと知る

おたふくかぜワクチン

ムンプスウイルスの病原性を弱めてつくられた生ワクチン。生後12か月を過ぎたら接種することができ、ワクチンによる予防率は79~90%といわれています。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

水痘(みずぼうそう)

水痘(みずぼうそう)について

ヘルペスウイルスが原因で、1歳を過ぎた頃からかかりやすくなります。37~38度の熱が出て、赤い小さな発しんが出ます。発しんが出てから24時間以内に抗ウイルス薬を服用すれば、症状を軽くすることができます。

症状についてもっと知る

水痘(水ぼうそう)ワクチン

水痘・帯状疱疹ウイルスの病原性を弱めてつくられた生ワクチン。生後12~15か月に至るまでに1回、初回から3か月以上の間隔をおいて1回の計2回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

日本脳炎

日本脳炎について

蚊を介して日本脳炎ウイルスに感染することで起こる病気です。発症した場合には、死亡したり、重い障害が残ったりすることが多いため、ワクチンを接種して予防することが望ましい病気です。

症状についてもっと知る

日本脳炎ワクチン

ウイルスの病原性をなくし、免疫に必要な成分だけから作られた不活化ワクチンです。生後6か月から接種できますが、3歳からの接種としている地域が多く、1期は追加接種を含めて3回、2期は1回接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

インフルエンザ感染症

インフルエンザ感染症について

インフルエンザウイルスが原因の感染症。鼻水やせきなど、かぜとよく似た症状が出ますが、寒気がして38℃以上の急な高熱、強い倦怠感、関節や筋肉の痛みがみられるなど、症状が激しく重症化しやすいことが特徴。

症状についてもっと知る

インフルエンザワクチン

ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年12月までにワクチン接種を終えることが望ましいです。感染力が強く、重症化しやすいのでワクチンで予防することが大切です。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

A型肝炎

A型肝炎について

A型肝炎ウイルスに感染して起こる病気で、主に食べ物などを介して口から感染します。A型肝炎を発症した人の約1割は海外旅行からの帰国者であるため、海外(特に発展途上国)に旅行したり、長期滞在したりする場合などにはワクチンを接種しましょう。

症状についてもっと知る

A型肝炎ワクチン

不活化ワクチンです。初回接種として2回、追加接種として1回、皮下または筋肉内に接種します。

ワクチンや副反応について知る

× 閉じる

ワクチンがない感染症

アデノウイルス感染症
(プール熱)

アデノウイルスには多くの種類があり、感染するウイルスのタイプによって、肺炎などの呼吸器感染症、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎、胃腸炎などを起こします。特に、呼吸器感染症と胃腸炎は、乳幼児で多くみられます。アデノウイルスは、せきやくしゃみ、ウイルスが付着した手や物などを介して感染します。潜伏期間は2~14日ほどで、ほとんど症状がみられない場合もあれば重症化する場合もあるため注意が必要です。ウイルスの種類が多いことから、何度も同じような病気になる場合もあります。

こんなときは注意!

高熱が続く、せきがでる、呼吸障害、下痢やおう吐があるなど。

× 閉じる

かぜ症候群

かぜ症候群は、一般的には鼻やのどの粘膜にウイルスが感染し、発熱、せき、鼻水などの症状を引き起こすものです。代表的なウイルスはRSウイルスです。生後3か月過ぎから、毎年、何度も繰り返しかかります。月齢が低い乳児や免疫不全、呼吸器の病気がある子どもでは細気管支炎(息を吐く時ゼーゼー、ヒューヒューと音がする、呼吸困難になる)や肺炎を起こすことがあり、入院が必要になることもあります。

こんなときは注意!

普段より機嫌が悪い状態が続く、高熱が続く、ゼーゼー、ヒューヒューが強くて息がしにくくなるなど。

× 閉じる

手足口病

コクサッキーウイルスやエンテロウイルスに感染して起こる病気で、手や足には水ぶくれ、口の中には痛みを伴う水ぶくれができるのが特徴です。せきやくしゃみなどを介して感染します。潜伏期間は3~5日で、発熱することがあります。口の中の水ぶくれは痛むため、食欲が落ちたり、よだれが増えたりすることがあります。痛みのある間はこまめに水分を与え、ゼリーなど口当たりのよいものを食べさせるといいでしょう症状は通常、3日から1週間程度で治まります。まれに、急性髄膜炎や急性脳炎を起こすことがあるため注意が必要です。

こんなときは注意!

食べ物や水分がまったくとれない、高熱、頭痛、おう吐、ぐったりしているなど。

× 閉じる

突発性発疹

主にヒトヘルペスウイルス6型、7型によって起こる病気で、赤ちゃんが生後6か月前後に初めて高い熱を出した場合は、この病気が原因であることが多いといわれています。生後6~24か月でかかることが多く、4歳までにほとんどの子どもがかかります。突然、38度以上の高熱が出て3~7日続き、熱が下がると同時に小さく赤い発疹が全身にあらわれます。熱が高いわりに元気なことも多く、発疹は2日ほどで消え、自然に治ります。ただし、まれに、熱の上がりぎわに熱性けいれんを起こしたり、脳症を合併したりすることがあります。

こんなときは注意!

高熱が続き不機嫌な状態が続く、ぐったりする、けいれんがみられるなど。

× 閉じる

乳児ボツリヌス症

ハチミツなどから検出されることが多いボツリヌス菌の毒素による病気です。1歳未満の赤ちゃんは抵抗力が低いため、ボツリヌス菌を含むハチミツなどを食べた場合、体内に入った菌の出す毒素によって症状が起こります。便秘、全身の筋力が低下する脱力状態などが主症状で、飲む力が弱くなり、泣き声も小さくなります。頑固な便秘が続くため、便から長い期間(1~2か月)菌が排せつされることがあります。ボツリヌス菌は、ハチミツだけでなく野菜ジュースなどからも検出されることから、1歳前にこれらを与えることは避けたほうがよいでしょう。

こんなときは注意!

便秘、筋力の低下(無表情、頭を支えられない、脱力状態など)、飲む力が弱くなる、泣き声が小さくなるなど。

× 閉じる

ノロウイルス感染症

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年中起こりますが、特に冬に多くみられます。ウイルスが付着した食物や手などから感染することがほとんどです。感染すると、12~48時間の潜伏期間のあとに、吐き気、おう吐、下痢、腹痛などが起こり、発熱がみられることもあります。これらの症状は、通常1~2日で治まり、後遺症も残りません。ただし、体力のない乳幼児や高齢者は、重症化したり脱水症を起こしたりすることもあるため注意が必要です。症状がある間は安静にし、水分と栄養を十分に補給しましょう。

こんなときは注意!

ミルクや母乳などの水分を受け付けなくなった、ぐったりしているなど。

× 閉じる

ヘルパンギーナ

主にコクサッキーA群ウイルスに感染して起こる、いわゆる「夏かぜ」の代表的な病気です。せきやくしゃみ、ウイルスの付着した手や物などを介して感染します。主な症状は、突然の高熱、のどの痛み、口の奥にみられる水ぶくれで、この水ぶくれが破れるとかなり痛むため、水分や食事がとれないこともあります。通常、2~4日で熱が下がり、1週間程度で治りますが、急に熱が上がるときに熱性けいれんを起こしたり、水分がとれないことにより脱水症を起こしたりすることがあります。また、まれに髄膜炎や心筋炎などを合併することがあります。

こんなときは注意!

痛みが強くて水分が全くとれない、けいれんがみられる、頭痛やおう吐がある、むくみや呼吸困難、チアノーゼの症状がみられるなど。

× 閉じる

りんご病(伝染性紅斑)

伝染性紅斑は、ヒトパルボウイルスB19に感染することで発症する感染症で、ほおがりんごのように赤くなることから、「りんご病」とも呼ばれます。感染してからおよそ10~20日後に両側のほおに赤い発疹があらわれ、その後全身に発疹がみられますが、これらの症状は1週間程度で自然に消えることがほとんどです。発疹があらわれる7~10日前に、発熱やかぜのような症状がみられることが多く、この時期はウイルスが最も排出されるため、せきやくしゃみなどを介して感染を広げてしまうことがあります。なお、ウイルスの感染力は、発疹があらわれるころには弱まります。妊娠中に感染すると、まれにおなかの赤ちゃんの異常や流産の原因になることがあるため、注意が必要です。

こんなときは注意!

ほおにちょうちょのような赤い発疹がみられる、手や足に網目状、レース状の発疹がみられるなど。

× 閉じる

A群溶血性連鎖球菌感染症

A群溶血性連鎖球菌に感染して起こる病気で、のどや皮膚に症状があらわれます。せきやくしゃみ、ウイルスが付着した手や物などを介して感染すると、2~5日の潜伏期間の後に、突然の高熱(38℃以上)、のどの痛み、おう吐、手足や体に小さな発疹、舌にイチゴ状のツブツブなどがみられます。多くは1週間以内に改善しますが、まれに重症化して、のどや扁桃腺の腫れや、体中に小さく赤い発疹ができる「猩紅熱」に移行することがあります。また、リウマチ熱、急性糸球体腎炎、肺炎、髄膜炎、中耳炎などを合併することがあるためには、症状が治まっても医師から指示された期間はきちんと薬を飲むことが必要です。

こんなときは注意!

のどが腫れて痛い、ぐったりしている、全身に発疹が広がっている、など。

× 閉じる

RSウイルス感染症

RSウイルスは子どもの呼吸器感染症の原因となる代表的なウイルスで、生後1年で50~70%以上の赤ちゃんが感染するといわれます。感染すると、発熱、せき、鼻水などがみられますが、多くは軽い症状ですみます。ただし、生後数週間から数か月の早い時期に感染すると重症化しやすく、低出生体重児や、心臓の病気、免疫不全などのある場合も重症化の可能性が高まるとされています。RSウイルスは、せきやくしゃみ、ウイルスの付着した手や物などを介して感染することがほとんどで、家族内で感染しやすいことが知られています。学校へ通う子どもが家族内にウイルスを持ち込むことが多いため、赤ちゃんと年長の子どもがいる家族では特に注意が必要です。

こんなときは注意!

ぜいぜいする、呼吸困難がみられるなど。

× 閉じる