ここから本文です

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ウイルス(HBV)はどのように感染するの?

血液などから感染します。

HBVは、ウイルスを含む血液などが体内に入ることで感染します。感染のしかたには「垂直感染(母子感染)」と「水平感染」があります。

母子感染とは、HBVに感染しているお母さんから赤ちゃんが生まれるときに、主に産道でお母さんの血液にふれることにより起こる感染です。母子感染に対しては、妊婦のHBV検査(血液検査)や、赤ちゃんへのワクチン接種などの対策が行われています。これにより、今日、母子感染はほとんどなくなりました。
一方で、近年周囲の人から感染する「水平感染」が問題となっています。特に、乳幼児の感染経路は、父親や祖父母など母親以外のHBV感染者からの家庭内感染や、保育園や幼稚園などでの集団生活による水平感染の割合が増えていると推計されています(※1)。そのほかに性行為などによる感染リスクが問題視されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)感染者はどれくらいいるの?

日本では約100人に1人が持続感染状態(キャリア)と推計されています。

HBVに感染している人の数は、全世界で約20億人といわれています。そのうち約3億5000万人がHBVに持続的に感染している状態(キャリア)と推計されています(※1)。

また、日本にいるキャリア数は110~140万人と推計されており、これは約100人に1人の割合です。そのうち、B型慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどの難治性の肝疾患に苦しむ人は約7万人といわれています(※2)。

一方、HBVに感染しても症状があらわれないことも多いため、知らない間にウイルスを広めてしまう場合もあります。今後国際交流が進み、海外のB型肝炎流行地域への渡航などで、感染者が増えることも懸念されています。

  • 国立感染症研究所.「B 型肝炎ワクチンに関するファクトシート」 平成22年7月7日版
  • 厚生労働省 健康局 疾病対策課 肝炎対策推進室資料

肝炎総合対策の推進について(3.27MB)

世界のキャリア率(1998年)

世界のキャリア率(1998年)
  • 国立感染症研究所.「B 型肝炎ワクチンに関するファクトシート」 平成22年7月7日版