ここから本文です

麻しん・風しん混合(MR)ワクチン

生後半年から1歳前後までの間にかかりやすい感染症

はしか(麻しん)は、高熱、せき、くしゃみなど、かぜに似た症状が3~4日続いた後、口の中の粘膜に白い発しんが出始め、やがて全身に赤い発しんが広がるのが特徴です。流行時期は春先が多く、1歳を過ぎるとかかりやすくなります。症状が重いため体力を消耗し、脳炎、肺炎など重い合併症を引き起こすこともあります。
風しんは、発熱とほぼ同時に発しんが出ますが、熱が出る数日前にリンパ節が腫れて痛みます。感染力が非常に強いので、1歳の誕生日を迎えたらすぐに、MR(麻しん風しん混合ワクチン)を接種しましょう。

こんなときは注意!

普段より機嫌が悪い状態が続く、高熱が続く、ゼーゼー、ヒューヒューが強くて息がしにくくなるなど。