ここから本文です

病気にかかりながら抵抗力を身につける

新生児期の強い味方、お母さんからプレゼントされた免疫グロブリンも、生後3か月を過ぎると、徐々に減ってなくなってしまいます。この時期を過ぎると、赤ちゃんは自分でいろいろな病原微生物に対する免疫をつけていかなければなりません。
免疫とは、一度かかった病気に二度とかからないようにしたり、二度目にかかるときには軽くすむようにしたりする体の機能です。病気の原因となる細菌やウイルスを血液中の白血球が覚えていて、次に出会ったときに集中的に攻撃して、侵入を防ぎます。
生後3か月過ぎから、赤ちゃんがいろいろな感染症にかかるのは、いろいろな病原微生物に対する免疫を獲得するために必要なプロセスでもあるのです。